fc2ブログ

神戸市立須磨離宮公園

6月20日に神戸市立須磨離宮公園に行ってきました。
年間パスポート「四季トリコロールカード」を窓口にて購入すると、
一年間、須磨離宮公園、森林植物園、相楽園に入園することができます。
大人 900円 小人 450円 です。

神戸市立須磨離宮公園

この日の私の目的は、花菖蒲と紫陽花の花を見る(鑑賞する)ことです。
須磨離宮公園

紫陽花はちょうど見頃を迎えようとしていました。
紫陽花

入口から右手奥へ進んでいきます。
紫陽花の小道

花菖蒲を楽しむには、少し時期が遅かったようです。
爪紅

爪紅
爪紅という品種です。シオカラトンボのオスがとまっていました。
シオカラトンボ
花は置いておいて、トンボに集中する私。
先日、トンボの本を購入しました。
兵庫県はトンボがよく見られる県としても、実は結構有名なのです。
約100種類も見られるそうです。

清少納言
あやめ 菖蒲(アヤメ科)別名 = はなあやめ
花言葉 よい便りを待ってます Waiting for good news

 花期 = 5月
原産地 = 日本、朝鮮半島、中国
 英名 = siberian iris

宿根草で高さが30~6cm。紫色や青紫色の花びらのつけ根が黄色く、
紫色の網目模様が入っていることで、他のアヤメ科の花と区別できます。
名前もこの綾目模様にちなんだもの。

ちなみに、昔はサトイモ科のショウブをあやめと呼んでいました。
水辺の植物のように思われますが、じつは乾燥に強く、
水はけのよい土地を好みます。

「いずれあやめか、かきつばた」という表現がありますが、
水の中に生えていれば、かきつばた、水なしの乾燥地ならば
あやめと思ってまちがいはありません。

(花言葉【花図鑑】写真&監修 夏目陸夫 大泉書店 P.51より)

清少納言
清少納言という品種です。確かに綾目が入っています。
ほのかな色合いが美しいです。
2週間ほど前は、絵を描きに訪れる人も多かったそうです。

葵の上
葵の上という品種です。源氏物語の世界ですね。
私はどちらかというと、枕草子!清少納言派です。(・∇・);
いとをかしの世界が好きですね。

「源氏物語」と聞くだけで、語りつくせぬトラウマがありますよ。
私と同世代の方でしたら、察しのつく方もおられることでしょう。
今となってはあれもまた良い想い出です。(;´д⊂)

マガモ
マガモがゆったりとくつろいでいます。

シマヘビ
しかし。
それを狙ってか、カエルを狙ってか、シマヘビが潜んでおりました。

アヤメ類の見分け方

アヤメ類の見分け方
花菖蒲についての見分け方の説明です。
神戸市立須磨離宮公園

神戸市立須磨離宮公園
http://www.kobe-park.or.jp/rikyu/
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント