fc2ブログ

東京都民の都民性について

三木市

東京都民●負けず嫌いで、見栄っ張り。なんでもトップが大好き。

●何事も「一番」でないと気がすまない?!
東京人を語るとき、ベースとなるのは、「江戸っ子気質」。その気質には、大きくふたつの側面がある。ひとつは、義理人情にあつく、あけっぴろげでお節介という側面。もうひとつは、見栄っ張りで負けず嫌い、新しいものにすぐ飛びつく、という側面である。いまの東京人が受け継いでいるのは、もっぱら後者の気質だろう。

江戸幕府が開かれてから、江戸はさまざまな人が行き来する大都市となった。人口が増えたのは、地方出身者が江戸に住み着いた結果にすぎないといえる。ところが、それが、かえって新たな気質を生むことになった。江戸は日本の中心という意識から、よその土地に負けられないという思いが芽生えたのである。そうなると、教育、生活レベル、流行まで、自分たちが一番でなくては気がすまない。だから、人と競争し、見栄を張るようになった。
「負けず嫌いで見栄っ張り」な気質はこうして生まれ、それがいまの東京にも受け継がれている。東京は一番を求める人が集い、さらなる上を目指して張り合っている場所だ。それゆえ、競争はことのkほか激しく、何につけてもレベルが高くなっていくのである。

三木市

●知識欲は旺盛だが、健康?!
まず、東京にはお金持ちが多い。都民一人あたりの預貯金は全国第一位。現代の江戸っ子は宵越しの金をもち、貯めまくっているのだ。知識欲、情報への感度も高く、年間1人あたりの雑誌・書籍の販売額は3万8315円で全国一、これは全国平均の倍の金額に相当する。海外へ行く人も多く、出国率も全国1位である。

書籍販売ランキング

いっぽう、気になるのは健康面。東京の女性は、乳がんの死亡率が全国一高いという統計結果がある。乳がん死亡率の全国平均を100とすると、東京は3割以上も多い131というレベル、最下位の島根県の女性と比べると、死亡率は1.8倍にのぼる。

乳がんは「都会病」ともいわれる。カロリーや脂肪分の多い食事、飲酒といった生活習慣に加え、初産年齢が遅かったり、子どものいない人・少ない人が罹患しやすいという。晩婚率でも、ナンバーワンを独走する東京の女性は、思わぬところで、病気リスクを背負っているわけだ。

また、持ち家比率がもっとも低く、借家比率がいちばん高いのも東京。その家賃もやたら高い。1か月3.3平方メートル(1坪)あたりの民営賃貸住宅の家賃は9,230円で、最下位の愛媛県(3,060円)と比較すると3倍にもなる。むろん、家賃の高さ=広さ・設備の良さではない。じつは、東京は、風呂のついていない住宅の比率も全国一高いのだ。風呂なしアパートでは帰る気もしないのか、それとも残業する人が多いのか、はたまた夜遊びスポットに寄り道をする人が多いのか、東京人は帰宅時間も日本一遅い。
三木市

●「思いやり精神」は薄いようで …
競争心の強い東京人だが、かといって、他県と張り合おうという気はない。首都東京にライバルはいないというプライドがあるからだ。張り合うのは、もっぱら東京人同士であり、土地の高さを反映して、住んでいる場所には、とりわけこだわる。

たとえば、東京に生まれ育った人たちには、「山の手っ子」と「下町っ子」という区分があって、お互い、「そっちには住みたくない」と思っている。山の手から見れば「下町は下品」で、下町から見ると「山の手は気取っている」から、気に食わないのだ。

家賃、住宅価格、食費、交通費のどれも高コストなのが東京という街。ささいなことが競争の対象になるわけで、自分に懸命なぶん、公共の利益や人への思いやりは希薄になりがちだ。そのなりふり構わぬ必死ぶりは、統計データにもあらわれている。日本一の金持ち都民のはずなのに、2004年(平成16)の共同募金額、ボランティア活動の行動者率では、いずれもワースト2という情けなさ。駐車違反者数1位、ゴミ排出量は全国5位である。

人の迷惑はかえりみず、他人に手をさしのべる余裕はない――それが政治の中枢を担う首都・東京都民の姿だとすれば、日本の将来は甚だ不安といえそうだ。

三木市

写真は、三木市の園芸のコンテストの作品です。2021年7月4日撮影。
あなたのお国の品性度がわかる本 県民の品格 河出書房新社より
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
へ~~~~~ 東京の人って そんな気質なんですね ^^
金持ち率高くて 持ち家率低くて 人にやさしくない wwww
おもしろいデータですね

僕は 田舎者なので 田舎がいいな~~~ ^^

  駐在おやじ

2021-07-21-09:55 駐在おやじ
[ 返信 ]
駐在おやじさんへ

コメントありがとうございました。

10年前の本ですからね。(・∀・)
結構、著者は嫌味なことを各都道府県に向けて書いています。
ある程度はそういう傾向があるんでしょう。
何年間もほったらかしていましたので、
「県民性」は順番に、最後まで書ききる決意です。
2021-07-21-16:45 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]