fc2ブログ

ハナスベリヒユ

ハナスベリヒユ

ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)

学名:Portulaca oleracea
和名:ハナスベリヒユ  
科名 スベリヒユ科
属名 スベリヒユ属(ポーチュラカ属)
花期 7月~9月
生育地は、畑、道端。
分布 日本全土

ハナスベリヒユ

多肉質の多年草で、畑や道端に生えます。
和名は滑りヒユで、ゆでて食べるとぬめりがあるからとか、
葉が滑らかなことによるといいます。
茎は円柱状で、しばしば紅色を帯び、
枝分かれして、横に這って広がります。
葉は肉質で長さ1.5~2.5cm、
直径6~8mmで、五弁花は日を浴びて咲きます。

ハナスベリヒユ

ハナスベリヒユは、スベリヒユ同様に生で、
または加熱して食べることができます。
おひたしにして食べるとおいしいですが、
シュウ酸を多く含むので、食べすぎには注意が必要です。

雑草として摘み取られることの多い、スベリヒユですが、
除草剤など農薬がまかれていない清浄な環境のものを利用しましょう。

ハナスベリヒユ

2021年8月24日 兵庫県南あわじ市阿那賀で撮影しました。
関連記事
[Tag] * ハナスベリヒユ
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
こんばんは
ポーチュラカ かわいい花ですね
雑草扱いされて可哀相…
食べられるとは知りませんでした
2021-09-03-20:43 トマトの夢3
[ 返信 ]
No Subject
スベリヒユは根性が有りますよ。

なかなか根絶できない(笑)
2021-09-03-20:56 万葉
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000
No Subject
トマトの夢3さんへ
コメントありがとうございます。
そうなんです。耐久性があると雑草扱いというか、
あまり丁重な扱いは受けなくなりますね。
私は見つけた時に心が動いたし、好きな花です。可愛いですよね。
2021-09-03-21:15 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000
No Subject
万葉さんへ
コメントありがとうございました。
根絶ですって?(・∀・)?
緑も目に優しいし、丈夫で可愛いのに。
有効利用してあげてくださいね。^^
2021-09-03-21:17 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
万葉集にも出てきます。

https://nantosirakuan.exblog.jp/31418672/
2021-09-03-22:00 万葉
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000
No Subject
万葉さんへ
教えてくださりありがとうございます。

滑莧(スベリヒユ)
ヒユの漢字を初めて知りました。
万葉集の時代からあるとは … !
2021-09-03-22:10 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
え~~、食べられるんですね。
びっくり。
スベリヒユも見かけることはありますが、食べる気にならず・・・。
スベリヒユを食べるという地方もありますよね。
美味しいとか聞くけれど、誰か食べさせてくれたら勇気が出るにねぇ。(^▽^;)
2021-09-03-23:01 なっつばー
[ 返信 ]
No Subject
なっつばーさんへ
コメントありがとうございました。
確かにもっとおいしい野菜はあります。
一応、食べられることは知っておくと、もしかすると役に立つかもです。
エノコログサも食べられますからね。^^
2021-09-03-23:29 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
目の覚めるような鮮やかな色のお花ですね\(^o^)/
シュウ酸を多く含むものは日常的に飲食しているので、私も気をつけなければと思いました。
2021-09-04-08:40 utokyo318
[ 返信 * 編集 ]
ご訪問&コメントありがとうございました
こんにちは。初めまして。
岩手のトリトンと申します。
ご訪問&コメントありがとうございました。

神戸にお住いなんですね。
こちらは青森県八戸市に隣接した岩手県K町に住んでいます。

趣味が将棋なのも一緒ですね。
将棋は藤井2冠(もうすぐ3冠)と羽生9段のファンです。

これからは、ブドウ狩り、ハシバミ採り、アケビ採りが楽しみです。
山の幸である雑木林にある木の実の魅力を発信し続けています。
アケビは天然物を毎年最低100個は採集します。
神戸の森にハシバミは自生しているのでしょうか?
ハシバミは簡単に言うと、国産版ヘーゼルナッツですね。
ヘーゼルナッツなら食べたことがあるんじゃないでしょうか。

神戸もコロナ感染大変でしょうね。
菅首相の退陣が決まりましたが、それとコロナ感染の終息は関係ありませんからね。

リンクに加えさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。


2021-09-04-08:52 トリトン
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
utokyo318さんへ

コメントありがとうございました。
食卓に少しだけ添えたりする分には何の問題もありません。
園芸種では色んな色があるようです。
可愛い花だと思います。
2021-09-04-10:48 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
トリトンさんへ

コメントありがとうございました。
アケビの実がそんなに見られるのですね。
小学生の頃に、神戸市西区の林の中でアケビを採って食べたことがありますが、今ではなかなか見ることができません。
ハシバミの樹木が自生しているのかどうか、散策中に確かめてみますね。

私は将棋は、永瀬王座、藤井猛九段、木村九段など、
ファンの棋士が何人もいます。
受けに強い人や独創的な方が好きです。

これからもよろしくお願いいたします。^^
2021-09-04-11:01 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
ハナの方は生えてるの見たことないです
色んな植物をパッと見つけられてすごいです
2021-09-04-21:38 ダメ子
[ 返信 ]
No Subject
ダメ子さんへ

コメントありがとうございました。

ハナスベリヒユと、スベリヒユはよく似ています。
所持している、山と渓谷社の図鑑と、ネットで調べたことを比べて、
よく考えて記事を書きました。

見たことがあっても名前が分からないでいる植物がたくさんあります。
私よりも皆さんの方が、はるかに知識があるのを感じます。
反応で感じるのです。
雑草ですが、可愛い花を咲かせますので、いじめないであげてくださいね。^^
2021-09-04-22:54 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
ハナスベリヒユとスベリヒユ
とは別物なので、違いがわかるように書いた方がいいかもです…w
2021-09-05-05:56 きくちゃん
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
きくちゃんさんへ

ご指摘ありがとうございます。
花だけ見ると、全然違うものに見えますね。
園芸種のポーチュラカ(ハナスベリヒユ)のみにした方が良かったかもしれません。

けれど、調べていると、ルーツをたどるとスベリヒユに至ります。
ハナスベリヒユの原産地は、はっきりと解明されているわけではありませんので、今回は記しませんでした。
また、ハナスベリヒユもスベリヒユと同様にシュウ酸を含みますが、
同じく食べることができます。ですから、このように記事を書きました。
分からないことが解明されないままなのですが、後は興味を持った方がご自身で調べて下さることに期待します。
2021-09-05-06:07 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]