fc2ブログ

沖縄県人の県民性について

ヒョウモンチョウ

沖縄県人●めっぽう他人に優しいけれど、「テーゲー主義」だけは見習えない?!

●お金にこだわらない人が多い?!

都道府県別の各種データを見ると、沖縄県の場合は、非常にユニークな結果があらわれる。例えば、所得や貯蓄は全国でもっとも低く、失業率も第1位。生活は苦しいはずなのに、平均寿命は女性が86.01歳で日本一の長寿。男性78.64歳で25位ランクされている。

さらに、高卒者の進学率が最低で、ニートの割合も日本一なのに、子どもの出生率は全国一高い。そうかと思えば、離婚率もトップだし、長寿県なのに全人口に対する65歳以上の割合を見ると、16.1%でもっとも低い。長寿が誇りなはずなのに、実際には15歳以下の割合が全国一高くなっているその他の統計でも、全国のトップクラスか最低クラスの両極端に位置することが多い。

現在の沖縄県は、17世紀初頭まで、琉球王国という独立国だった。江戸時代初期の1611年(慶長16)、島津藩に侵略されてから、日本の属国とされるが、江戸時代には本土とは違う社会制度が維持されていた。その意味では、他の都道府県と比べたとき、いまなお極端な結果があらわれてこその沖縄であるともいえる。

山陽バス 感謝の気持ちを忘れずに

●助け合いの精神に富む

沖縄にはいまも、「模合(もあい)」と呼ばれる金銭的な相互扶助システムが残っている。たとえば、12人のグループで月に1度飲み会を開いて、会費として1万円ずつ支払う。飲み代が1人3000円だったとすると、メンバーの1人が余った8万4千円を受け取ることができる。飲み会は毎月1回だから、残りの11ヵ月で11万円を支払うことになるが、1年で公平にメンバー全員が8万4千円を受け取る。ちょっとまとまった現金が必要なときには助かるシステムである。

この制度、金融機関が発達していなかった時代に、有志による互助雄姿組織としてスタートし、現在まで受け継がれている。メンバーによっては一度に持ち寄る金額が50万円や100万円というケースもあり、ビジネスに対する融資の役割も果たしている。また、困った人を援助する助け合いシステムが機能していて、たとえば乳飲み子を抱えて離婚したような若い女性は、親戚や近隣の人たちによって助けられる。つまり、「セーフティーネット」が身内や仲間内の間で張られているのである。

そもそも、沖縄社会は、日本の家父長制よりも、東南アジアの母系社会に近いと分析される。その象徴がオナリ神信仰である。「オナリ」とは姉妹のことで、姉妹が兄弟に対して霊力で優位にあるとされ、姉妹が兄弟を守る霊的能力を持つと信じられてきた。

つまり、家族や社会を守るのは女性であり、そんな母系社会では、助け合いの精神が生まれ、社会全体がマイルドな雰囲気に包まれる。実際、沖縄では、会社が倒産した時、取り立てに奔走するよりも、倒産した相手に対して同情する傾向が強いという。

また、母系社会では、女性は実家の母親との結びつきが強いため、そもそも「嫁入り」という意識が希薄だ。結婚後も、実家とは緊密に連絡を取り合うため、離婚して実家に帰ることにもあまり抵抗がない。その意識が、離婚率の高さの背景にあるとも分析されいる。

神戸

●「時間を守らない」のが当たり前 …

沖縄の県民気質を表す言葉に「テーゲー主義」がある。「テーゲー」は「大概(たいがい)」で、それくらいでいいよという意味である。ほどほどで十分、そんなに頑張らなくてもいいよという意味も含まれる。その一方で、相手に対する「それぐらいでいいよ」といういたわりの言葉でもある。

そんな「テーゲー主義」は時間感覚にも反映され、「ウチナー(沖縄)タイム」というのは、沖縄県人独特の時間感覚のこと。待ち合わせ時刻に遅れるのは、ごく普通のことであり、さほど悪いこととも思わない。相手に迷惑をかけたという気持ちもない。だから、沖縄出身の異性とつきあうときには、待ち合わせ時間に遅れてきたのに、謝りもしない相手を笑って許す度量が必要になる。

タグボート

沖縄県は、現在の日本では珍しい人口増加県でもある。出生率が日本一高いうえ、近年は本州から転入してくる家族や高齢者夫婦も増えている。暖かいところで、のんびりとした生活を送りたいと思う人々が、本州での生活を打ち切り、沖縄に移り住むのである。

ところが、長年、心身に染み込んだ習性は、一気に変えられるものではない。移住者には、本土の価値観を持ち込んで、沖縄県民のルーズさを非難したり、ゆるいルールを厳しくしようと訴える人がいて、軋轢(あつれき)を生むことが多い。

なお、かつて沖縄県民の平均寿命は、男女ともトップレベルだった。しかし、2000年(平成12)の発表分で、男性の平均寿命が全国4位から26位に急落し、沖縄では「26ショック」と呼ばれることになった。本州や九州から伝えられる食文化に慣れたことで、高血圧症や糖尿病といった生活習慣病が増えたことに問題があると分析されている。独特の暮らしをしてきた沖縄県民は、日本文化とのかかわりが深まる中、独自の文化や心身のありようまで失おうとしている。

タグボート

あなたのお国の品性度がわかる本 県民の品格 河出書房新社より
写真は、2009年11月8日、9日に神戸市内で撮影しました。
関連記事
[Tag] * 県民性
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
こんにちは!
沖縄の県民性はテレビなどでもよく見ますね~
そのなかでも時間を守らないはすごく感じる気がします笑
ただそのおおらかな感じがいいなぁとも思います
2021-10-24-14:06 tkmtrip
[ 返信 ]
No Subject
こんにちは
専門学校の時の同級生が沖縄出身で、疑問に思った行動が証明されたようで納得しました(笑)
彼女は今どうしてることやら…。
移住したら、どこであっても朱に交われば赤くなるの精神が必要ですよね(*^^*)
2021-10-24-15:35 祐希
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
tkmtripさんへ

コメントありがとうございました。
一概には言えませんが、全体的に見るとそういう雰囲気を持つ方が多いですね。
沖縄では沖縄特有のルール、空気があるのだと思います。
それで円満に物事が進むのでしたら、良いことなのかもしれません。
2021-10-24-16:46 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
祐希さんへ

コメントありがとうございました。
人には各々持ち味があり自分のペースを守っています。
それが合う人合わない人色々ですが、その地方特有の慣習もありますからね。
効率を追い求めるのか、ストレスの少ない自然体で行くのか、どちらが優れているとも言い切れませんね。
2021-10-24-16:56 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
私は沖縄の事はあまり知りませんが、知人などが旅行して紫芋のまんじゅうとか沖縄のお菓子を買って来てくれたことがあります。{うんまか}。また私のフランス人の先生が一人で旅行してすごく気に入ったと言っていました。
2021-10-24-17:13 ReikoJanvier
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
ReikoJanvierさんへ

コメントありがとうございました。
沖縄はいろんな美味しいお土産、お菓子があることでしょう。^^
私が食べたことのあるのは、黒糖の味でしたが、独特の風味でしたよ。
一人で南国へ旅すると時間がゆっくり流れる気がするのかもしれません。
先生のご体験、お聞きしたいですね。^^
2021-10-24-17:41 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
こんばんは
知り合いが沖縄へ移住してから早20年
県民性になっているか どうか… 。
おおらかに なっていることでしょう ^^

2021-10-24-20:36 トマトの夢3
[ 返信 ]
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。

沖縄出身で神戸に住んでおられる方、何人か知っています。
神戸市の長田区に、沖縄料理を食べられたり、
お土産をたくさん置いてあるお店があってよく通われているそうです。

沖縄へ行かれたお友達ですか。
幸せに暮らしているとよいですね。^^
2021-10-24-20:46 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
「江戸っ子は宵越しの銭を」、
と同じなのでしょうね。

○○時間は何処にも有るのでしょうね。
ええ加減です。

この企画、
「県単位」で纏めるのは無理がある気がします。
2021-10-25-00:20 万葉
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
おはようございます。

沖縄は行ったことがないので死ぬまでに一度は
行きたい場所の一つです。
やはり平均気温の高い地域はおおらかな人たち
が多いような気がします。
時間がゆっくり流れてますね。
せかせかした都会から移り住む知人もけっこう
今までおりましたよ。
2021-10-25-04:55 OKさんたろう
[ 返信 ]
No Subject
万葉さんへ

コメントありがとうございました。
何々県民だから性格は絶対にこれ!
… というものではないですからね。
同じ町、同じ棟に住んでいても色んな人がいるのは御存じの通りです。
ただ、方言や物や時間に対する考え方など少しはその土地によって違うかなあ?と感じることがあります。
よくあるのは、都会と田舎では「ちょっと先、そこまで」の距離感の違いですね。
私は、「すぐそこだよ。」と言われて、淡路島で7km歩いたことがあります。
北淡町の北淡震災記念公園にある野島断層へ行こうとしていた時でした。
気に食わない面もあろうかと思いますが、まだ半分も行っていません。
県民性は完了させるまで書く予定でいます。
2021-10-25-05:03 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
OKさんたろうさんへ

コメントありがとうございました。
私も沖縄へまだ行ったことがありません。
行くだけでしたら飛行機で往復ですが、ツアーとなると、
ここからでは15万円前後必要な場合が多いですね。
芸能人の誰だったか、沖縄に住んでいると仕事する気なくなる、と言っていた人がいました。あまりの環境の違いに、ふともらした言葉だったのかもしれません。
移り住む勇気はありませんが、沖縄各地を見て回りたいです。
2021-10-25-05:09 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]