fc2ブログ

青森県人の県民性について

明石公園菊花展覧会2021

青森県人●気位の高さ、マジメさが世渡りのジャマをしている?

●いまだ「津軽」と「南部」はライバル関係

青森といえば、石川さゆりのヒット曲『津軽海峡冬景色』や、郷土芸能である「津軽三味線」から、青森=津軽と思う人もいるだろう。しかし、同じ青森県内でも、日本海側の「津軽」と、太平洋側の「南部」では、言葉も文化もまったく異なることをご存じだろうか。たとえば、津軽は農業が中心、南部は漁業が中心と、産業も異なれば、冬のレジャーも津軽はスキー、南部はスケートといった具合にことごとく食い違うのだ。

いまでこそ青森県と、ひとくくりにして呼ばれているが、江渡時代は「津軽藩」と「南部藩」のふたつの藩があった地域。しかも、戦国時代まで、青森全域を南部藩が治めており、津軽の土地は、南部藩の家臣であった津軽為信が反逆して、南部藩の領土の西半分を奪ったもの。それが、江戸幕府によって安堵されたものだ。以来、津軽と南部の仲は険悪になり、お互いに強烈に対抗意識をもつようになったのである。

その感情のもつれは、現代にも尾を引いていて、南部人に向かって津軽をほめたり、両者をごっちゃにしたりすると、相手の気分を害する可能性がある。青森県人に出会ったときは、まずはどこの出身かを尋ねてから、話題をふったほうが無難かもしれない。

明石公園菊花展覧会2021 盆栽

●「早寝、早起きで働き者」だけど … 

南部人はおっとりしていて引っ込み思案、津軽人は陽気で積極的だといわれるが、両者に共通するのは、青森県人を語るときに欠かせない「じょっぱり」気質である。じょっぱりとは、意地っ張りで、強情で、負けず嫌いといった意味。青森県出身の太宰治も、小説『津軽』のなかで「弘前の人には馬鹿意地があり、負けても負けても強者にお辞儀をすることを知らない」と述べている。彼らにとって、権力者にすりよってご機嫌をうかがったり、下げたくもない頭を下げることは、もっとも品格のない行為なのである。

しかし一方で、その純粋さや真面目さゆえ、世渡り下手でソンをするという苦労を背負いこむことにもなる。実際、青森県人は日本一早寝早起きで、日本一の働き者なのに、あまり報われていないというデータがあるのだ。

明石公園菊花展覧会2021 盆栽

例えば、2006年(平成18)の総務省統計局の調査(社会生活基本調査)では、青森県人の平均就寝時間は午後10時28分、平均起床時間は午前6時20分で、早寝早起きともに全国1位。また月間の労働時間も、男性189時間、女性177時間と、これも全国で堂々の1位である。東京などと比べると、通勤時間が短いということはあるが、それを差し引いても、青森県人がマジメ1本の働き者であることは間違いない。

早寝早起きランキング

ところが哀しいことに、稼ぎに関しては、青森県と東京都では、全く逆転してしまう。都道府県の1人あたりの所得を比べてみると、1位は東京の426万7000円。一方、青森県は216万円と全国46位なのである。

明石公園菊花展覧会2021 盆栽

●「食べること」にはケチらない気風

ちなみに、所得ランキングの最下位は、沖縄県の204万2000円だが、こちらは稼ぎが少ない代わりに長寿県である。一方、青森県の場合、平均寿命は全国で最も短く、男性は75.67歳、女性は83.69歳にとどまっている。むろん、青森県人は栄養が偏っているために短命なわけではない。むしろ、子どもたちにはたっぷりすぎるほどの栄養がいきわたっているのだ。

例えば、中学2年生の平均体重を比べてみると、青森県の男子は53.1キログラムで全国一。また、女子も49.7キログラムで全国2位(1位は秋田県の49.8キログラム)。身長を比べてみても、全国的に見て、青森県の男の子や女の子は背が高い方なのである。

青森県では、家計から支出される食糧費の割合(いわゆるエンゲル係数)も高く、食べ物にはお金を惜しまない姿が浮き彫りになっている。青森の子どもたちは、おいしいものをたっぷり食べながら、スクスク育っているのである。

明石公園菊花展覧会2021 虎

あなたのお国の品性度がわかる本 県民の品格 河出書房新社より
写真は、2021年11月4日、明石公園で撮影しました。
関連記事
[Tag] * 県民性
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
No Subject
青森も広いので、同じ県内でも、地域によってかなりの違いが出るのですね。
私は太宰治と誕生日が同じなので、津軽には一度行ってみたいと思っています。
津軽富士の岩木山を見たり、五能線にも乗りたいです(^^)
2021-11-07-07:07 utokyo318
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
utokyo318さんへ

コメントありがとうございました。
青森県は三方を海に囲まれた広い県ですね。
リンゴや津軽じょんがら節を思い浮かべます。
私も北の地を訪れたいです。
コロナ禍が早く治まるますように。
毎日、感染対策をしっかり行いましょう。
2021-11-07-07:26 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
同じ地域に住んでいても気質はさまざまだと思います。私は早起きしてがんばっても報われないこと多いので、らいとNGC7000さんのブログ読んで青森の人も親近感覚えました。
2021-11-07-17:03 ReikoJanvier
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
ReikoJanvierさんへ

コメントありがとうございました。
そうですね。何県人だから絶対こうだ!はありません。
この県出身の人では何となくそういう傾向の人を見るかな?
という気持ちでいただければ。
ReikoJanvierさんが日々の努力を欠かさないこと、
訪れる人はみんな知っていると思います。
それは応援する拍手の数からもよくわかります。
「報いる、報われる」個人の基準は違いますけれども、
毎日コツコツと頑張ることを、自分の心の中で納得ができていたら良いですね。
2021-11-07-18:04 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
こんばんは
仕事も頑張り
真面目な方が多いようですね
折り目正しい気質でしょうか
2021-11-07-21:54 トマトの夢3
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。
信用があり真面目で責任を果たす人が一番です。
お金の面では都市部に比べると恵まれてはいないようですが、
実直な人柄は必ず信頼を勝ち取りますよ。
2021-11-07-22:18 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
はじめまして(#^^#)
コメントありがとうございました。

県民性、面白いですよね~
我が県は地元愛が強い人が多いように思います。
悪く言えば排他的(^^;)
でもまあ、時代とともに少しずつ変わっているとは
思いますが…

これからも時々お邪魔させて頂きます。
どうぞよろしくお願いします(o_ _)
2021-11-08-00:34 maimai
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000
No Subject
maimaiさんへ

コメントありがとうございました。
県民性はなるほどと思う面と、そうでもないかも?と思うところがありますね。
人口の流動性の少ない地方では、ある程度の傾向はあると思います。
47都道府県が出そろうまで、県民性は続けようと思っています。
後ほど訪問致します。
どうぞよろしくお願いします。
2021-11-08-04:46 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
青森県は芸術家や文豪が多いイメージがあります
太宰治、寺山修司、棟方志功、奈良美智…
じょっぱりな性格のせい?
あとは謎のキリストの墓とかピラミッドとか
2021-11-08-21:04 ダメ子
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
ダメ子さんへ

コメントありがとうございました。
今、お返事していないことに気が付きました。遅くなってごめんなさい。

青森の人は意志が強いのですね。
文豪、芸術家、みな名の通った人ばかり。
リンゴの種類がたくさんあって、地元のスーパー緒品ぞろえが
とても豊富だと聞いています。
こちらでは、数種類しか置いていないのです。
青森県へ行ってみたいと、いつも思っています。
コロナ禍が早く治まると良いのですが。
2021-11-14-21:14 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]