fc2ブログ

近畿地方、今年の冬は寒い?暖かい?

■新世代のSDGsリーダーによる「日々の選択・行動を考える」
実戦セミナー オンライン開催(Zoom)のお知らせです。

日時 11月23日(火・祝)13時30分 ~ 16時
申込 ひょうご大学生支援機構のHPからお願いします。
https://husso.jp/
締切は、11月16日(火)です。
問合せ 兵庫県消費生活課 078-362-3157

■朝日新聞第2兵庫版で連載中の「野の花通信」で草花の絵を担当する
イラストレーター片山治之さん(74)=大阪府豊能町在住=の個展
「野の花展」が11月11~15日、大阪市北区芝田2丁目の
芝田町画廊(06・6372・0007)で開催されます。
https://gallery-shibatacho.jimdo.com/
https://www.facebook.com/shibatacho

12月6~11日には、川西市小花1丁目の
画廊シャノワール(072・758・0811)を会場に開かれます。
https://chat-noir-asahiyatenuguimise.jimdofree.com/
https://www.instagram.com/chatnoir_asahiyatenuguimise/
いずれも入場無料です。

大阪の個展では新作約20点と「野の花通信」の原画約40点を展示。
ほとんどの作品は白い紙に野の花を塗り残す独自のモノクロ絵画。
川西の個展でも新作と原画の展示を予定しています。

野の花通信 菊の花

会場では野の花が描かれたカレンダー「2022 片山治之 作品集」
(税込み1700円)などを販売します。
問い合せは、片山さん(072・738・2127)へお願いします。
(朝日新聞 鈴木芳美記者)

水曜日の夕方のニュースでは、気象予報士 南さんのコーナーがありました。
今年から来年にかけて、近畿地方の冬は寒くなるかどうかについての解説です。

教えて南さん

冬の気温の傾向をどう予想するかですが、ペルー沖の海面の水温に注目しているそうです。

ラニーニャ現象とは?

平年よりも高ければ、エルニーニョ現象。
逆に、低ければ、ラニーニャ現象と呼びます。
エルニーニョは、冷夏になると言われていますね。

ラザニアは論外です。しかし気になって仕方ありません。

ラザニアレシピ
https://cookpad.com/recipe/1488994
https://oceans-nadia.com/user/10254/recipe/386479

ナツメグとは?
https://macaro-ni.jp/45593

ラニーニャ現象とは?

2021年の10月の海面の水温を表しています。
日本列島は、左上に位置しています。

2021年10月下旬の海面水温の平年差

気象予報士は、ペルー沖の緑で囲まれている海域の水温に注目します。
ここしか見ていない!とまでおっしゃっていました。
この狭い?範囲の海域の水温が、日本の気候に多大な影響を及ぼすそうです。
確かに、平年値より1度低いです。

ラニーニャ現象による日本の天気への影響

その影響ですが、ラニーニャ現象(ペルー沖の海面温度が下がる)が起きると、
東南アジアの海域では、逆に海面温度が上昇するそうです。
この地域の温度が上がると、日本付近を流れている偏西風が蛇行を始めます。
蛇行した偏西風は、シベリアに蓄えられている寒気団の冷たい大気を、
日本へ流してくるような動きをするようになります。
そうなると、冬は寒くなります。
ラニーニャ現象、ペルー沖の海面水温がわずか1度下がると、
その影響は大きなものになるという話でした。

2022年にかけて近畿地方の長期天気予報

結論、近畿地方の冬の気温ですが、平年よりも暖かくなることはないでしょう。
人工スキー場関係者と弁当屋のおばちゃんは、固唾をのんで天気予報を見ているはずです。

砥峰高原

砥峰高原(とのみねこうげん)では、今年も雪が降り積もることでしょう。
2021年10月9日に撮影しました。
関連記事
[Tag] * ラニーニャ現象
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
こんばんは
画廊シャノワール
近くでしたら 鑑賞したいです
砥峰高原の写真 趣きあり
絵画のように素敵ですね
2021-11-11-22:09 トマトの夢3
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。
シャノワールはフランス語で黒猫の意味です。
クロネコヤマトも、シャノワールヤマトになるわけで。(・∀・)
まぁ、くどいですから記事には書きませんでしたけれどね。

街中に住む者にとって、遠征に行く機会は非常に限られております。
砥峰高原は何回も登場させていますが、
何とかひねりだして記事にしておりますよ。^^;
写真はその都度、新しいのを選ぶようにしています。
2021-11-11-22:53 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]