fc2ブログ

岩手県人の県民性について

ヒメジオン

岩手県人●「実直」すぎちゃって、不器用にしか生きられない?!

●目立つことより「堅実」を選ぶ

岩手県人には、「寡黙」という言葉がよく似合う。不平不満を抱いていても口に出さず、黙々と働き、粘り強くたくましい。岩手が生んだ作家・宮沢賢治が手帳に走り書きをした「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」にも、そんな岩手県人の気質がよくあらわれている。

賢治は、故郷を「イーハトーブ=理想郷」として夢に描いたが、実際の岩手県は、賢治の時代、飢えと貧困に苦しむ冷害の地だった。たびたび飢饉に見舞われ、多くの餓死者も出した。

風雪に耐えられる丈夫な体がほしい、そうでなければ、雨にも風にも、夏の暑さに負けてしまう。賢治の詩は、そういう故郷の自然の厳しさを伝えている。困難に直面しても動じず冷静に対処し、粘り強く物事を成し遂げる岩手県人の気質は、この厳しい自然環境から培われたといっていい。

その岩手県は、原敬をはじめ、斎藤実、米内光政、鈴木善幸という歴代4人の首相を輩出している。いずれの政治家も、他人を蹴落としてのし上がったわけではなく、困難な時期に、周囲に押される形で舞台にのぼり、気づいたら首相の椅子に座っていたというパターンだ。

最近は、政策よりもパフォーマンス、街頭演説よりテレビ出演を重視する政治家が少なくないが、岩手県出身の政治家はパフォーマンスとは無縁。地味に実績を重ねつつ、虎視眈々とチャンスを狙うタイプが少なくない。ちなみに、「壊し屋」の異名をもつ民主党代表の小沢一郎氏も、岩手県出身である。

花

●「倹約精神」も行き過ぎれば…

最近は、テレビや雑誌で話題になったものにはすぐに飛びつき、飽きたらソッポを向くという「使い捨ての時代」だが、岩手県の人たちは、そうした現代型の生活には興味がないようで、流行を追わない。「足るを知る」ことが美徳だと考え、マスコミに踊らされて消費を繰り返すことを「品がない」と考えているような節もある。実際に、岩手県人の消費傾向を調べてみると、県民性を反映する真面目で地味な暮らしぶりが浮かび上がってくる。

まず、岩手県人の物欲の低さを物語るのが、「デパート」の数である。岩手県の人口10万人あたりのデパートの数は、1.42店で全国最下位というデータがある。また、いまや生活必需品となった携帯電話も、岩手県の所有率は全国最下位。モノを買わないなら、どこかへお出かけしているのでは?━━と思うかもしれないが、岩手の人は旅行する頻度も低く、全国で45位(旅行・行楽の年間行動者率/総務省統計局『統計でみる都道府県のすがた2007』より)である。

ゴルフ行動者ランキング

また、お父さんのスポーツとして依然人気の高いゴルフにも、ほとんど興味がないようだ。総務省の「社会生活基本調査」によると、岩手県の「ゴルフ行動者数」は8.6%で、最も多い山梨県の19.4%に比べると半分以下にとどまっている。さらに、遊園地やテーマパークなどのレジャーにも出かけない。遊園地入場・乗り物代に使った金額(1世帯あたり/年間)は403円と全国46位である。しかし、禁欲的ともいえる地味な暮らしをしていれば、誰だってストレスがたまる。現在の生活や社会に対する不満を感じ、精神的に満ち足りていない人が他県と比べて高い、という調査結果もある。

花

●お酒を飲むと「豹変」しちゃう?!

岩手県は、北海道に次ぐ広い面積を持っているため、県民気質にも多少の地域差がある。県北部は、冬の間は雪に閉ざされるため、他の地域より閉鎖的で人見知りの傾向が強い。それに比べると、県南部は社交性があり、沿岸部の人々は比較的気性が荒い。といっても、基本的には“いい人”であり、長くつきあうほど、誠実な人柄がにじみ出てくるのが、岩手県人の特徴。ただし、昔から周囲との調和を気にするため、近所や職場、家のしがらみなど、ストレスをためやすい環境にあり、ときにはそれを爆発させることもある。

危険なのが酒の席である。普段は温厚な人が、酒を飲むと豹変して暴れることがあるから注意が必要だ。また、気難しく言い出したらきかないというタイプもいて、地元では「きんむくちょ」と呼ばれる。女性は控えめで、年長者によく従い、不平をいわず、穏やか。離婚率が低めなのも、女性が辛抱強いからだろう。絶滅寸前の大和撫子(やまとなでしこ)を探すなら、岩手県がいいかもしれない。

花

あなたのお国の品性度がわかる本 県民の品格 河出書房新社より
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
No Subject
こんにちは
毎回楽しみな県民性の記事があって嬉しくなりました。
>「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」
有名な一節ですが、ほどほどがいいかなぁと感じます。
面積が広いと、違いが顕著に出ますね。
2021-12-16-16:27 祐希
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000さん、こんばんは。
我慢強すぎな岩手県人が可愛そう。
もうちょっと気楽に楽しんでっと言いたくなりました。
2021-12-16-18:27 GEN
[ 返信 ]
No Subject
祐希さんへ

コメントありがとうございました。
そうおっしゃっていただいて嬉しいです。
県民性は私が興味を持ったテーマでした。
その県独自の教育方針があったり、郷土の誇りに思う人物を通して
影響があったりするのではないか?と感じています。
そんなときに昔、この本を見つけましたので、古い情報ではありますが、
今になって完結を目指そうと時々書いています。
岩手県は面積も広いですし、おおらかなイメージを持っています。
都会の人間のようには、せこせこしていない感じがします。
宮沢賢治は現代の人にとってもお手本になるような、
思いやりを持った英雄です。
2021-12-16-20:24 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
GENさんへ

コメントありがとうございました。
そうですね。肩の力を抜いて日々を楽しんでほしいですね。
でも実直で我慢強いところは、さすがだと感じました。
だからこそ寒い冬を乗り切れるのだと思いました。
2021-12-16-20:26 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
こんにちは!

首相についての話が面白かったです。
みんなそのようにして首相になってるのですね~

最近だと野球で大谷選手や菊池選手、佐々木選手など有名な選手が多々出てきてますが、目立ちたがりではないですね
2021-12-16-21:30 tkmtrip
[ 返信 ]
こんばんは
誠実な人柄は政治家に適任ですね
我慢し過ぎ
豹変したら怖いかも。。
良い評価されず
可哀想。。。
2021-12-16-21:32 トマトの夢3
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
tkmtripさんへ

コメントありがとうございました。
岩手県出身のプロ野球選手は、確かに皆、特徴がありますね。
なるほど!と思いました。
目立ちたがり屋ではなく黙々と練習を重ねて頑張ってきた。
そういう印象があります。
懐の深さ、おおらかさを感じます。
2021-12-16-21:52 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
らいとNGC7000
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。
誠実な県民性、とても良いです。
岩手の人はアピールするのが苦手なのかもしれません。
私の中ではスキーなら安比高原!という憧れがあります。
岩手山の雄姿。堂々としていてたくましいです。
琥珀の産地もありますし、良いところいっぱいありそうなんですが。
私がぜひ行きたい県です。
2021-12-16-21:57 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
関係記事見逃しました。遅くなっての投稿です、ごめんなさい。
よくお調べになったと思います。ほぼ県民性が捉えられていますよね。無口でむっつりなせいか付き合いにくい人が多いです。但し一旦お酒をが入ると誰とも仲良くなれる人間性ですよね。自分もそれに近いかな(笑)
2021-12-18-22:25 Matsuyama
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
Matsuyamaさんへ

コメントありがとうございました。
全く構いませんよ。
ブログはどんどん過去の記事になっていくものですからね。
新しい記事しか読まない人が多いですが、私は何ページも見ることがありますし、大丈夫です。

岩手の人は冬厳しい気候なことが関係しているのかもしれませんね。
県民性は一人一人はみんな違うけれど、
全体で何となくの傾向があるのかもしれませんね。
良いところだけ参考にしましょう。

私は普段お酒はあまり飲みませんが、アルコールはまぁまぁ飲める方です。^^
2021-12-18-22:39 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]