fc2ブログ

岐阜県人の県民性について

感染対策
(最優勝賞 ACK 専門学校アートカレッジ神戸 大橋芽吹)

岐阜県人●何より仲間が大切。その他の人には無関心?!

●悪気はないけど、「自己中心的」かも …

「岐阜」という県名は、織田信長が“天下の中心”という意味で命名したものだ。日本のほぼ中央にあり、古くから東西文化が行き交う交通の要衝だった岐阜県は、関ケ原をはじめ、数々の合戦の場となった。戦国時代には、「美濃を制するものは天下を制す」といわれ、有力武将たちがこの土地を奪い合った。

現代の岐阜県に、そうした面影はない。ひと言でいえば、影が薄いというイメージだ。飛騨地方には、世界遺産に登録されている合掌造りの白川村があり、観光地の飛騨高山、長良川の鵜飼(うかい)も有名だ。しかし、それがイコール岐阜県という県名につながりにくい。スポット的には知られていても、県としてのインパクトにはイマイチ欠けるのだ。

六甲アイランド

そんな岐阜県のアピール力の弱さには、「輪中根性」と言い表される閉鎖的な気風が関係しているといわれる。輪中は、川べりに築かれた大規模堤防に囲まれた地域のこと。美濃地方には、木曽川、長良川、揖斐川(いびがわ)の3つの川が集中していて、たびたび水害に悩まされてきた。そのため、人々は、村落ごとにぐるりと堤防を築き、水害から身を守ったのだ。

しかし、そうした閉鎖的な環境に身を置くと村人同士は結束するものの、自分の身を守るのに精いっぱいで、よそのことはどうでもよくなる。水がよそに流れると、自分の村は助かるから、ほかの村が水浸しになると、「お気の毒さま」とばかりに、ほくそえむ始末だったという。人間の品格は、窮地に立たされたときにこそあらわれる。その意味でいえば、かなりさもしい気質といいたくなるが、狭い地域のなかでは、温かな相互扶助の精神が息づいている土地ともいえる。事実、岐阜県人にはボランティアをする人が多く、ボランティア行動者率は37.5%と、全国で4番目に高い数値を誇っている。

六甲アイランド

●「よそ者に冷たい」は過去の話?

北部の飛騨地方にも、美濃に負けないボランティア精神がある。それは、飛騨各地に古くからある「結(ゆい)」というシステムに象徴される。例えば、白川村の合掌造りのかやぶき屋根は、30~40年に1度は、ふきかえをしなければならない。膨大な手間と人員が必要な作業だが、それは村の「結」の仲間たちによって行われてきた。

むろん、琴線のやりとりはないボランティアで、互いに労働力を提供し合うのである。世界遺産として認められたのには、このシステムが高く評価されたこともあるという。ところが、そうした村の連帯感は、他県からは排他的にも見える。そのせいで、岐阜県人は視野が狭いともいわれてきたが、近年は別の傾向も生じているようだ。実は、グローバルな一面も持っているようで、外国語を学ぶ県民が多いのである。1世帯あたり1年間に語学教室の月謝に支払っている金額は、7674円。栃木県、香川県に次いで全国3位を誇る(総務省統計局調べ)。

Gifu_IMG_9658_PC.jpg

もともと教育熱心と評される岐阜県には、パソコンを得意とする人も多いようだ。1000世帯あたりのパソコン所有数は979台で、全国平均999台と同レベルだが、パソコンを子どもたちに指導できる教員の比率は79.0%で全国4位なのだ(平成15年文部科学省調べ)。インターネットなら、人見知りの性格でも、コミュニケーションがとれる。教室で学んだ語学を生かし、世界と交流する人も多いのだろうか。

六甲アイランド

●オシャレだけど、お金にはシビア

岐阜県人は、財布のヒモが非常に固いと言われる。地理的には、同じくしまり屋で有名な尾張名古屋の隣県であり、その尾張承認を相手にしてきたのだから,生半可な金銭感覚では太刀打ちできなかったのあだろう。その昔、岐阜では、豆腐が半丁単位で売られていた話は有名だが、今でも新車よりも中古車がよく売れている土地柄だ。

また、岐阜県人の場合、普段のファッションにも相当気を遣っている節がうかがえる。
消費支出の中に占める洋服や靴にお金をかけている割合が高いのだ。岐阜県は5.3%で、何と全国2位。ちなみに1位はおしゃれで知られる兵庫県の5.6%である(2005年)。ただ、岐阜県人の場合、流行には飛びつかず、じっくり見極めてから選ぶことが多いようだ。流行モノはすぐにすたれるので、結局は無駄づかいになると考えるのだ。さすがは、しまり屋が多い県、合理的な考え方である。

六甲アイランド

あなたのお国の品性度がわかる本 県民の品格 河出書房新社より
写真は、2021年12月23日に神戸市の六甲アイランドで撮影しました。
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
(*^-^*)
ご紹介の県民性・・・
かなり納得してしまいます♪

我が県民性も
昔からの侠客の存在から  ギャンブル好き 短気

養蚕に携わる事から 女性の仕事が表立って
かかあ天下!・・・ずっと 言われております!

きっと 岐阜の方々も 成程!と感じるのでは♪

六甲山 訪ねて見たいです☆
お元気願っております♪
2022-01-10-06:40 田舎のオ-ドリ-
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
岐阜ですか ^^
僕 行った事あるかな~~~~? って感じです。
通ったことはあるでしょうが・・・・

身内にやさしくと 外には >< 
そうなんですね wwwww

言われているように 困ったときほど その人の正体が出ますね wwww

  駐在おやじ
2022-01-10-12:52 駐在おやじ
[ 返信 ]
No Subject
こんばんは
県民性の記事はとても興味深く見させていただいております。
人間、窮地に立たされた時に本性がでる、というのは本当ですね。
コロナ禍でよりその面が強調されたような気がします。
岐阜県もいつの日か、訪れてみたいものです。
2022-01-10-19:02 祐希
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
田舎のオードリーさんへ

コメントありがとうございました。
岐阜の人は言葉遣いも愛知県の名古屋市に似ていて、幸せそうな感じですよ。^^
私の学生時代の友人は何人かいましたが、皆そうでした。
全く不自由は感じず、名古屋大好きだと言っていました。
愛知、岐阜、三重県の結束は非常に固いですね。
2022-01-10-21:44 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
駐在おやじさんへ

コメントありがとうございました。
閉鎖的な面は確かにあると感じます。
でも、悪気があるわけではなくて、自然とそういう感じなのだろうと思います。
愛知県は強い県ですから岐阜の人はほぼみんな名古屋大好きですよ。
食べ物の好みまで非常に似ています。
私は学生時代にびっくりしましたから。^^
2022-01-10-21:47 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
祐希さんへ

コメントありがとうございました。
窮地に立たされた時に本性が出る、
痛い言葉です。
窮地に立つことのないよう、
普段から余裕を持って気を付けるようにしたいです。
ただ、天災等の理由で窮地に立たされた時は困りますね。
阪神淡路大震災のときは、じっとこらえましたが、私も心が壊れかけました。
回復するのに、何年ももっとかな。かかりましたよ。
長い間、笑顔になれなかったです。
岐阜県は高速道路を使えばすぐですけれども、私は電車で行ってみたいです。
2022-01-10-21:52 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
こんばんは
県民性の記事 興味津々
特徴あり 面白く 感心したり
興味深く拝見させて頂いております
2022-01-10-22:02 トマトの夢3
[ 返信 ]
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。
県民性はまだ半分を越えたくらいです。
時々UPしていますが、残りの県を今年中に終わらせるつもりです。

2022-01-10-22:26 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
らいとNGC7000さん、こんばんは
県民性シリーズですね。
岐阜県ですか…。
身近に出身の方が居られないので、なるほど~と頷けないのが残念?なのですが。
自然条件が厳しい場所に住むとなると、必然と助け合いの精神は生まれてくるんでしょうね。
ボランティアが盛んだと言うのも何となく納得できます。
そして、本当に必要な物を身体で知っているからこそ、必要なことにだけお金を掛ける…という事に繋がるのかな~と。

見る目がシビア…という事ですね。
2022-01-11-00:47 まめ太のおかあさん
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
まめ太のお母さんへ

コメントありがとうございました。
県民性の記事をUPするときは、用事があり切羽詰まっている時や、
日帰り旅行など、パソコンにさわれないときが多いです。(・∀・)
そういう日はいつものようにはブログを回れませんので、仕方がありません。
岐阜の人は愛知県にとても好意を持っていまして、
言葉遣いや食文化も似ています。
東海地方の結束の固さを感じますよ。
何を言われても動じない強い意志をお持ちだと思います。
ある意味、シビアですね。
2022-01-11-06:42 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]