fc2ブログ

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

1月初旬、オランダのライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展へ行ってきました。
11月に前売り券を購入していたのですが、イープラスで予約が必要とのこと。
面倒だなあ、と延び延びになっていたのですが、年が明けてのコロナ感染者の増加に、
危惧を感じて見に行きました。

兵庫県立美術館 神戸ミュージアムロード 美かえる

兵庫県立美術館の美かえるです。
このかえるを見るたびに、誘致をされた蓑豊館長の講演会を思い出します。
館長のインタビューです。話が面白くて、飽きさせません。また機会があると嬉しいのですが。
https://www.sankei.com/article/20201204-UYM4UEJYX5IKFCJYWMECJTMBQM/

兵庫県立美術館玄関

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

古代エジプト展は会場内では撮影禁止でした。
綺麗なアクセサリーの数々や、面白い像がたくさんあったのですが、
お見せ出来ないのが残念です。
ヒエログリフという石板も撮影は許可されませんでした。
この立体パネルのイメージが一番近いです。

私が面白い、興味深いと感じたのは、跪(ひざまず)いて太ももの上に重しを抱えているのですが、
その姿が、まるで罰ゲームを与えられたかのように見えて、( ノД`)…
それなのに、像の表情は真っすぐに前を見つめて、凛々しかった。
そのギャップが、何だかおかしかったです。

ミイラの棺(ひつぎ)は、年代によって頭の大きさ(何頭身か)や、
顏の描き方、表情が変わっていくのが分かり、興味深かったです。
昔の年代はすらっとしていて、新しい年代の方がややずんぐり、色黒でした。
中に入るミイラさんの人種・出身地も、時代によって変わっていったのかもしれません。

CTで見たミイラの画像もありましたが、どんな病気にかかっていて、
何が原因で亡くなったかまで報告されていました。プライバシーの侵害というやつです。
ミイラさん、詳しく研究し尽くされて、かわいそうでしたね。
驚いたのは、ミイラの作り方、製造工程です。
当時は、プロのミイラ職人という方たちが、たくさんいらっしゃったのですね。

エジプトの遺跡から出土するものが美しいまま残されている理由も分かりました。
エジプト国内では、文化財の持ち出しや、個人の所有が禁じられていて、
破った者には、厳しい罰を与えることが法律で定められているからです。
文化財に対する敬意や思い入れが高潔といいましょうか。
高い意識が国民に行き渡っていることが、保存状態の良さにつながっているのだと知りましたよ。


ここからは、古代エジプト展で販売されていたお土産の数々の写真です。
たくさんの種類がありすぎて、圧倒されました。
選ぼうとすると迷いますが、見ているだけでもわくわくする楽しい時間でした。

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

古代エジプト展バージョンのリラックマです。
商売上手ですね。欲しくなりましたが、
集めだすときりがありませんからね。我慢しました。

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

クリアファイルです。

ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展 お土産コーナー

兵庫県立美術館で開催されている「ライデン国立古代博物館所蔵古代エジプト展」
開催期間は、2月27日までです。
https://www.artm.pref.hyogo.jp/

今度は、神戸市立博物館で、2022年2月5日から5月8日まで、
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 が始まります。
https://www.kobecitymuseum.jp/
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
No Subject
こんばんは
エジプトは、子供時代の憧れの国。
この頃はCTスキャンする時代になりましたが、される側はそんな未来が待っているとは思わなかったでしょうね、と苦笑いです。
2022-01-28-19:28 祐希
[ 返信 * 編集 ]
こんにちは!

写真撮影が禁止なのですね。
あ~、これは見てみたいですね。
歴史の勉強してるのでこういうのはは是が非でも見たいです(^-^)
2022-01-28-20:57 tkmtrip
[ 返信 ]
No Subject
祐希さんへ

コメントありがとうございました。
吉村作治先生でしたか、エジプトは私も憧れましたね。
今ではもっと研究が進み、ロマンが薄れてきたようにも感じますが、
それでも魅力いっぱいグッズもいっぱいの楽しい展覧会でした。
ミイラになった人たちは、どなたも病を患ったり、
大きな怪我を抱えていたことを知りました。
手術した跡も見られたり、当時の技術の高さを思います。
安らかに…というわけにはいきませんでしたが、そっとしてあげてほしいですね。
2022-01-28-21:00 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
こんばんは
お土産品を見て回るのも楽しい古代エジプト展
気に入った物があれば購入ですね
2022-01-28-21:06 トマトの夢3
[ 返信 ]
No Subject
tkmtripさんへ

コメントありがとうございました。
展示品とその解説ボードは見ごたえ読みごたえがありました。
オランダが威信をかけたエジプト発掘調査だったこともよく分かりました。
日本にいながらにして見学できることはうれしかったです。
コロナ禍が続いていますので、入館前にイープラスでの訪問予約が必要だったり、
当日ぶらりと訪れて入れるかは、運次第です。
2022-01-28-21:14 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
トマトの夢3さんへ

コメントありがとうございました。
展示品をじっくりと観察することも好きですが、
同じくらいお土産品、グッズに興味があります。
なぜかというと、後々に思い出に残るからです。
最近は、コラボ商品が多い感じを受けますね。
みんな喜んでいまから、いいことかな。^^
2022-01-28-21:16 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
こんにちは。

古代エジプト展、人気がありますね。
先日、大英博物館のコレクターさんがエジプトからいっぱい合法的ではない方法でロンドンに運んだとか・・・そのおかげで今の大英博物館があるのだと思いました。大英は写真撮影OKです。

ツタンカーメンのあるエジプト考古学博物館も撮影OKでした。ミイラ館には、ラムセス2世、ハトシェプスト女王 トトメス王 名だたるファラオたちのミイラが勢ぞろいでしたよ。エジプトがこれだけの技術を持ってる時、日本は縄文式土器の時代です。
凄いねぇ~~~

2022-01-29-08:38 ヒツジのとっとちゃん
[ 返信 ]
No Subject
ヒツジのとっとちゃんさんへ

コメントありがとうございました。
おっしゃる通りですね。
勝手に持ち出していましたから、その点は謝罪と補償が必要だと、
個人的には思います。エジプトが返還を求めていることも耳にしました。
私は現代のエジプトは衰退したなれの果てなのかと
失礼なことを思っていた時期がありました。
そうではなく、現代のエジプト人も倫理的に正しく、
慎ましく生きていることを知りました。
まだ未発見のものもあるそうです。
これからもエジプト展が開催される際には足を運びたいと思っています。
2022-01-29-09:45 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]