fc2ブログ

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

室津の海
(室津の海)

諫早湾訴訟 福岡高裁の判決が下されました。
記録として掲載します。

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決 諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

諫早湾訴訟 福岡高等裁判所判決

私は長崎県に住んでいませんし、一般市民の立場ですが、諫早湾訴訟に関心を抱いていました。
生態系、環境の激変についてこれほどはっきりと分かりやすい例はないと思います。
元々生息していた二枚貝のタイラギをはじめ、多くの生き物が減少、または瀕死に追い込まれたからです。

「海の底は真っ黒で、生物がすめるわけがない。海に来てみろ。潜ってみらんか」
漁師の悲痛な叫びを、国は、裁判官は聞こえていないのでしょうか。
開門したからといって元の環境に戻るかどうかは分かりません。
しかし、5年間開門をするという約束を、知らん顔をして反故にするというのはあまりにもひどい。

「確定判決とは一体何なのか。こんな国の態度を許していたら、社会が成り立たなくなる」
開門派弁護団の団長の言葉ですが、全くその通りだと思います。

「宝の海」だった諫早湾。
まだ決着はついていません。
営農している人を責めているわけではありません。
開門 = 塩害が起きるというのも、開門して見なければ分かりません。
元の環境、自然豊かな海を望んでいるだけなのです。
どうすれば双方が納得をして問題解決に至るのか、考え続けます。
関連記事
[Tag] * 諫早湾訴訟
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
No Subject
水害が起きる可能性があるので、海をせき止める必要があったのだと思います。
海をせき止めても、干拓をしなかったら、この問題は起きなかったのです。

2022-03-27-17:54 fukuchan
[ 返信 ]
らいとNGC7000
No Subject
fukuchanさんへ

コメントありがとうございました。
水害が起きてからでは遅いですから、何らかの対策は必要かもしれませんね。
それが永遠に海をせき止めることだとしたら … 。
地元ではこれまで激しい応酬があったのかもしれません。
私はどうしても納得がいきません。
複雑な思いで判決文を読みました。
解決策を見つけだすことはできるのでしょうか。
2022-03-27-18:29 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
三権分立と言いながらも結局は行政の追認。

一般の裁判でも、
裁判官の市民感覚が疑われるような判決が・・・
2022-03-27-23:14 万葉
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
万葉さんへ

コメントありがとうございました。
若い裁判官は行政の追認をする判決を下すことが多いですね。
将来の出世がかかっているからでしょう。

裁判官は最初から最後まで仲良しグループの中で
特別な存在として生活を送りますからね。
中井貴一さんナレーションのサラメシで見ました。
庶民の感覚を進んで勉強する裁判官はいません。
残念な現実です。
2022-03-28-03:28 らいとNGC7000
[ 返信 * 編集 ]