fc2ブログ

転法輪寺 2

転法輪寺は「明石西国三十三箇所巡礼」の二十七番目です。
1685年(貞享二年)に第九代明石藩主若狭守
松平直明により始められました。
2006915_Tenpourinji_12006915_Tenpourinji_2
「西国観音霊場巡礼」の原形は、平安時代の11世紀に
花山法皇が始めたものだそうです。
「西国」の意味は、関西のことではありません。
西方浄土」のことですので、
淡路西国、信濃西国、常陸西国など全国にありますよ。
西方浄土については、こちらの方のサイトが
わかりやすく説明して下さっています。
2006915_Tenpourinji_3
大師堂です。
空海さんは、弘法大師号(しごう)でもよく知られています。
日本真言宗の開祖です。
リンク先の百科事典をご覧になって下さいね。
2006915_Tenpourinji_4
本堂です。

2006915_Tenpourinji_52006915_Tenpourinji_6
木造阿弥陀如来像です。
どうか撮らせて下さい、と祈りながら格子の間から撮影しました。
写真を明るく加工しています。
2006915_Tenpourinji_Genseirin_1
兵庫県指定文化財となっている転法輪寺の原生林について、説明致します。
海抜100mの丘にある原生林は、面積約1万㎡で、
参道の両側斜面と谷間にわたるツブラジイ林、
観音堂の建っている小丘を囲むウバメガシ林からなっている。
この原生林は、比較的狭い地域内でツブラジイ、
ウバメガシの林の中に暖帯性植物70余種が、
高木層、低木層、あるいは草木層として繁茂している。
さらに、原生林内にはメジロ、シジュウガラなど多くの鳥類が
生息しており、都市の中に残された貴重な天然記念物である。
平成3年11月(兵庫県教育委員会)

ウバメガシは備長炭の原料になります。
ツブラジイは椎茸の原木などに使われます。
別名コジイで実は食べることができますよ。
2006915_Tenpourinji_72006915_Tenpourinji_8
鐘楼の中に吊るされている梵鐘(ぼんしょう)です。
2006915_Tenpourinji_9
拡大して撮影しました。
2006915_Tenpourinji_10
観音堂です。

2006915_Tenpourinji_112006915_Tenpourinji_12
オンマカキャロニキャソワカ
こちらの方のサイトの「十一面観音」についての解説をご覧になって下さい。
一部引用致します。

十一面観音を祈念すれば、十種類の現世利益と、四種類の来世の果報をもたらしてくれるとされます。
それは、1:病気をせず、2:つねに諸仏に憶念(おくねん)され、3:財持や衣食に欠乏せず、4:すべての怨敵を破り、5:衆生の慈悲心をおこし、6:虫害や熱病や、7:刀杖(とうじょう)に害されず、8:火難や、9:水難をのがれ、10:横死しない、という十種類の現世利益と、1:臨終時に諸仏を見る事ができ、2:地獄におちず、3:禽獣に害せられず、4:無量寿国に生まれる事ができる、という四種類の果報です。

原生林に包まれた転法輪寺。
これからも皆さんを守り、皆さんに守られますように。
関連記事
Last Modified :

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ

Comments







非公開コメント
明石西国三十三箇所
こんばんは、ゆーしょーです。
明石にも、明石西国三十三箇所と言うのがあるのですね。
転法輪寺は立派なお寺ですね。
そして、梵鐘が、素晴らしい。
竜が、浮き出ていますね。
このような素晴らしい釣鐘を見たことがありません。
2006-09-15-02:12 ゆーしょー
[ 返信 * 編集 ]
ゆーしょーさんへ
コメントありがとうございます。
立派なお寺ですよ。
天災・火災に度々遭ったために、ひっそりとした
今のような状態になっているのかもしれません。
勉強不足ですのでこれからも学んでいこうと考えていますよ。
2006-09-15-02:25 らいと
[ 返信 * 編集 ]
備長炭の原料の木はウバメガシなんですね~。
知りませんでした。
どうして備長炭と言われるようになったのでしょう…
ウバメガシ炭とかでも良いような気もしますが…
2006-09-15-07:18 あざ美
[ 返信 * 編集 ]
あざ美さんへ
コメントありがとうございます。
備長炭の名前の由来は、備中屋長左衛門という
紀州田辺藩城下町に代々伝わる炭問屋の取扱商人から来ているそうです。
http://www.kishu-binchotan.jp/mame/page4.html
300年近く前の話のようですよ。^^
2006-09-15-10:22 らいと
[ 返信 * 編集 ]
おはようございます♪
朝お茶を飲んで、このブログをみて爽やかになって
からだをグイーっとのばしたら、いい気分です。
ありがとうございます。
クリーック♪

2006-09-15-11:46 真諭
[ 返信 ]
真諭さんへ
コメントありがとうございます。
さわやかになるブログ。
時にはそう感じてもらえるようにこれからも努力致します。<(_ _)>
2006-09-15-12:22 らいと
[ 返信 * 編集 ]
備中屋長左衛門という名前は4代も続いたんですね~!
まるで落語家やお相撲さんみたいですね。
すごいですねぇ…
2006-09-15-13:14 あざ美
[ 返信 * 編集 ]
原生林をお散歩したら気持ちいいかも。
森林浴効果?。

林の中で野鳥を探すの楽しいですよね。
なかなか見つけられないけど。
2006-09-15-13:30 にゃこ
[ 返信 ]
こんにちわ
転法輪寺の原生林が面積約1万㎡もあるなんて広大ですね~
そんな中に転法輪寺があるなんて驚きました!
観音堂の中に「十一面観音」があるのですか?
2006-09-15-13:58 サンタ&チーママです
[ 返信 * 編集 ]
梵鐘かぁ~。いいっすね!
一般の人は触ったり、叩いたりできないのでしょうか?
年越しの時だけなのですか?

原生林の散歩は・・・ちょっと怖い。
夕方から夜は特に、怖いです凹
でも昼前くらいの天気のよい日だと
心の掃除をしてくれそうな気がしますね!
2006-09-15-14:06 ネギ
[ 返信 ]
あざ美さんへ
コメントありがとうございます。
大切に伝統を守ってきたのだと思います。
2006-09-15-14:18 らいと
[ 返信 * 編集 ]
にゃこさんへ
コメントありがとうございます。
森林の中をお散歩するのは蚊の少ない時期が良いですヨ。
ひどい目に遭いましたからね。(`´X)

野鳥は声はするのですが、姿を確認することが難しいです。^^;
2006-09-15-14:21 らいと
[ 返信 * 編集 ]
西方浄土…
深いデスネェ~。 深過ぎて理解したツモリが
現実の生活になると上手く扱えない感じデス。
デモ、つまずきナガラも思い返して進んでいけば
きっと少しずつ道が開かれていく気がシマス。
こういうお話しは大好きデス!
2006-09-15-14:24 トリコ
[ 返信 ]
サンタ&チーママさんへ
コメントありがとうございます。
周りが開発の波が押し寄せてきているので
心配というか気になっています。
森林の中を観察したかったのですが蚊の多いこと!
電池で動く蚊避けで防衛対策をしたつもりが効果はありませんでした。
強力な蚊取り線香が必要です。
「十一面観音」の所在は確認していません。
電池が切れたこともありましたが、観音堂は画像の写真のみです。
申し訳ないです。<(_ _)>


2006-09-15-14:31 らいと
[ 返信 * 編集 ]
ネギさんへ
コメントありがとうございます。
梵鐘は一般の人でも触れるのではないかと思います。
私が帰りかけた頃に、一人の方が一度だけ鐘をついたからです。
地元の方がバイクで来られていましたよ。

原生林は聞こえはよいですが、原生林です。(`´)
モスキートの襲撃は容赦アリマセンからね。
避けて叩いたのに十箇所以上噛まれた!ちゅーねん。(・∀・;)
心の掃除…(汗)私は修行が足らないです。
2006-09-15-14:38 らいと
[ 返信 * 編集 ]
トリコさんへ
コメントありがとうございます。

生活するのがやっとだった時代に、
人々は心のよりどころを求めて信仰したのかもしれません。
私は宗教のことはよくわからないですが、
西方浄土の教えは素晴らしいと思います。
2006-09-15-14:42 らいと
[ 返信 * 編集 ]
こんにちは~
以前連れの実家のお寺さんで
ぼん鍾の中に入ろうとした事がありましたが
鼓膜が破けるかもしれないのでやめなさいと
住職さんにこっぴどく怒られた記憶があります…
すごく大きな音です。
鐘の音を鳴らせば蚊は逃げていくとか
聞いたことがありますがホントか嘘かは未確認です。
2006-09-15-17:27 にしもん
[ 返信 * 編集 ]
にしもんさんへ
コメントありがとうございます。
どのくらい遠くまで響くのでしょうか。
興味がありますよ。
蚊は逃げないような気も致します。^^
2006-09-15-18:52 らいと
[ 返信 * 編集 ]